据え置き・リセットの判別方法5選

にほんブログ村 スロットブログへ

カイタローです。

今回は、据え置き・リセット判別の方法についてです。

宵越し狙いをするために、据え置き・リセットのどちらかを判別することは非常に大事です。

宵越しだと思ってリセットだったら目もあてられないですからね。

一度テクニックを覚えてしまえばどの店でも判別できるので、最初からしっかり覚えておきましょう。

リセット判別の方法

据え置きかリセットを判別するにはいくつかの方法があります。

どれか1つを使ってではなく、様々なテクニックを使って判別します。

今回は5つの方法に分類しました。

①ゲーム数で判別

これが1番使うことになる方法です。

前日のゲーム数と当日のゲーム数を照らし合わせて、据え置きかリセットを見抜きます。

例えば、前日450Gヤメのサラリーマン番長の場合。

1.当日150Gで夕方ステージ移行
宵越し600G(450+150G)のゾーン。
⇒据え置き挙動

2.当日150Gで何もなし、当日200Gで夕方ステージ移行
リセット200Gのゾーン。
⇒リセット挙動

3.当日550G付近で当たり
宵越しで天井1000G到達
⇒据え置き挙動

4.当日550Gを越えても当りなし
宵越し天井越え
⇒リセット挙動

「1.当日150Gで夕方ステージ移行」
「2.当日150Gで何もなし、当日200Gで夕方ステージ移行」
は、ゾーンがある機種で使えるテクニックです。

サラリーマン番長やモンキーターンは、内部的なゲーム数に依存して演出が発生します。それを利用します。
逆に、初代攻殻機動隊のように、据え置きでも当日のゲーム数に依存して演出が発生する台もあるので注意が必要です。

なので台ごとの挙動は、解析情報を調べて確認しましょう。

「3.当日550G付近で当たり」
「4.当日550Gを越えても当りなし」
は、天井を搭載している機種全てに使えるテクニックです。

特に4は一目瞭然なので一番分かりやすいです。

②朝一の挙動で判別

リセットした台は、機種によって高確率ステージや、内部的に高確率状態に移行することがあります。

なので朝一数ゲームの挙動を見ることで判別することが出来ます。

ただし、店によってはリセット後数ゲーム回して、高確率状態から低確率に落とす対策をしているところもあります。

また、据え置きでも前日高確率状態で閉店した場合はそれを引き継ぐので、「リセット確定」ではなく「リセットの可能性が高い」と判断しましょう。

③ガックン判別

これは朝一1回転目のリールの動きで、リセットを見抜く方法です。


7:30~

動画を見たらわかるよう、1回転目にリールが「ガクッ」と不自然な動きをしていますよね。
これはリセットの時のみに起こる現象です。

ただし、3つ注意点があります。

1.前日と同じ出目でないといけない
⇒前日閉店時の出目を写メっておきましょう

2.ガックンは機種による
⇒機種によって、リセット時にガックンする・しないがあります。
サミー系は大体します。大都系はしません。
「機種名 ガックン」でググりましょう。

3.リールが古いと分からない
⇒長く設置された台では、リールの劣化によって毎ゲームガックンしているような挙動になるものがあります。
迷った時は1Gではなく2G目も回して、しっかりガックンしたか判断しましょう。

④MB仕込み判別

番長3のようにMBを搭載している機種は、前日閉店前にMB出目で辞めた場合、翌日1G目にMB後ベルが成立する場合があります。
(閉店時と出目が同じである必要があります。)

これは据え置き確定となります。

逆に、MB出目が残っているのに払い出しがなかった場合は、リセット確定となります。

⑤データカウンターから判別

店によってはリセット時だけ、前日の回転数が増えていることがあります。

理由としては、前日閉店後にリセットをして、朝一高確チェック対策などのために数ゲーム回しています。

その他にも、ガックン対策のために、閉店後1Gだけ回したりする店もあります。

その中で特定の機種だけ10Gとか回ってたりすると、「何かしたな」と分かります。

初めて行く店などでは結構有効なので、面倒くさいですが確認してみることをおすすめします。

まとめ

基本的には上記5点で据え置き・リセットを判別します。

この方法はスロットで立ち回る上で、ずっと使うことになります。

これを日々繰り返すことで、リセット判別の精度を上げていきましょう。

▼ブログ村入口▼

応援クリックありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする