シンフォギアは入社3年目の新人が作った?????

にほんブログ村 スロットブログへ           ⒸSANKYO

カイタローです。

シンフォギアについて面白い話題を見つけました。

▼【パチンコの噂】「CRF戦姫絶唱シンフォギアのヒットの裏に入社3年目の新人が!?」「機種名のCRが撤廃!?」

こちらについて取り上げてみます。

私自身はシンフォギア打ったことないんですけどね。
私が知ってるシンフォギアの知識は、「ぜッ!!!しょうッ!!!だぁぁぁああああ!!!!ポヒョルロリリーンポヒョルロリリーン」くらいです。

シンフォギアの製作

3年目の新人が作ったのか?

3年目の新人が作ったかというと、間違いなくそんなわけないです。

「入社三年目にやらせるとか、客のことなんか何も考えて無いんだろうな」
こんな書き込みもありましたが、3年目の新人にやらせる上司は客のことっていうか会社のこと考えてないでしょうww
入社3年目に任せてしまったらさすがに会社潰れますww

誰が作ったのか?

じゃあ誰が作ったかなんですが、パチンコを作るのには多くの人と関わります。

潜入!SANKYO調査隊!~パチスロ開発篇~(Youtube)

この動画では、シンフォギアのパチスロの開発の様子が映されています。
動画から分かると思いますが、多くの人で一つのパチスロは成り立ちます。
企画者も複数人います。

なので誰が作ったとかは、中々言えるものではないです。
しいて言うなら、企画のトップの人でしょうか。
入社3年目の人は、企画の一員だったんじゃないかと思います。

開発メンバー

そもそもなんですが、大体のパチンコパチスロは新人も開発に加わっています。

そうすることで、若い人の意見は取り入れているはずです。
なのでどのヒット機種も、新人の力はあると思います。

まとめ

今回なぜシンフォギアの新人の話題がネットに出てきたのかは分からないですが、少なくとも3年目の人が中心になって開発したわけではないと思います。

ただもしかしたら、この3年目の人は相当頭がキレるとかで社内で評判なのかもしれません。
火のないところになんちゃらですしね。

▼ブログ村入口▼

応援クリックありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする