【就活生必見!】パチンコパチスロメーカーの面接に受かるコツ

にほんブログ村 スロットブログへ

カイタローです。

そろそろ大学生は就活の時期ですね。
私も就活をしましたが、中々ハードな日々でした。

当時私は、パチンコパチスロメーカーに対しても就活をしていました。
でも案外、メーカーの就活のコツって調べても出てこないですよね。

なので今回は、メーカーの面接に受かるコツについて、当時メーカー4社の内定を取った私がお伝えしたいと思います。
(実際就職したかどうかは伏せておきます(笑))

なお以下の記事は、主には企画職向きの内容になっています。
デザイナーやプログラマーなどの専門職についてはこの限りではないのでご了承下さい。

面接官はどこを見ているか

面接官が見ていることは大きくは3つです。

1.パチンコパチスロが本気で好きか
2.チームの一員としてやっていけるか
3.基本的な礼儀は身に付けているか。

ここに重きを置いてみています。
(もちろん口調や態度などの基本中の基本は見た上でです。)

3つのポイントの詳細について説明します。

1.パチンコパチスロが本気で好きか

ここが何より一番大事です。
当然のことなんですが、結構ここで差が出るんですよね。

だって365日中365日スロット打てるくらい好きな人は中々いないですよね。

結構しゃべり方とかでこの差が出て来るんです。

まあパチスロブログ見るくらいの人は結構好きだと思いますけど(笑)
そのくらいの好きさを持ってないと厳しいです。
クリエイター系の仕事は好きじゃないと、中々続きませんから。

2.チームの一員としてやっていけるか

これもかなり重要です。
要は、「コミュ力があるかないか」です。

「俺、ガチでコミュ力ねえ…」こう思った方は諦めて下さい(笑)

開発は常に多くの人との関わり合いで成り立ちます。
コミュ力がない人は間違いなく向いていないです。
たとえどんなに賢くて、革新的なスペックや演出が作れたとしてもです。

それくらいコミュ力は見られます。

ただそれでも諦められない人はこの先を読んで下さい。
実際の質問の受け答えや、私が面接時意識したことを記載しています。

3.基本的な礼儀は身に付けているか

これは一般的な就活と変わりありません。

普通に正しいマナーであれば問題ないです。

これはなぜ見られるかというと、外注とも取引をすることがあるからです。

自然と無礼な態度が出てしまう人は、外注と取引なんて出来ませんよね。なので見られます。
まあこれは「2.チームの一員としてやっていけるか」がクリア出来ていれば問題ないと思いますし、どこの会社でも見られる部分だと思います。

面接で意識しておくポイント

こちらもポイントは3つあります。

1.パチンコパチスロが好きだという意思を伝える
2.取り繕わない
3.相手はあくまで人間

上の内容と重複するところもありますが、詳細を説明します。

1.パチンコパチスロが好きだという意思を伝える

これが一番大事です。

多少テンションが上がってもOKです。むしろテンション上げて話してください。
メーカーの社員は、パチンコパチスロが心から大好きな人が大好きです。

私は当時、「今就活生で、俺以上にパチンコパチスロが好きなやつなんているわけない。」と本気で思って就活しました。
実際そんなのわかんないんですが(笑)

こういうモチベーションで話せば口から出て来くる言葉も、自然と良い内容になってくると思います。

でも周りの就活生で、「ほんまに普段打ってるんか?趣味程度ちゃうか?」って思う人は結構いました。
今思い返してみても、間違いなく受かっていないと思います。

2.取り繕わない

これは私が個人的に特に意識した内容です。
なぜなら、よっぽど対人関係が得意でない限り虚勢を張ってもバレるからです。

面接官は「あなたがどういう人間か、一緒に仕事が出来るか」が知りたいんです。
なので「自分がどういう人間か」ということはさらけ出していきましょう

取り繕った内容で受け答えして人間性が見えてこないより、人間味がある方が人は惹かれるものです。

例えば私は、
・ホールに行き過ぎて留年したこと
・色々なギャンブルに手を出した話
・絶対に働きたくないが、働くならこれかなと思ったこと
・負けて負けて全然金がなかった話
こんな話をしました。

バカみたいじゃないですか?(笑)

でもいいんです。
自分がどういう人間か興味を持ってくれれば大丈夫です。
興味さえ持ってもらえられれば、あとは簡単です。

「自分はパチンコパチスロが好きだ。良い台を作りたい。」ということを伝えればいいだけなので。

3.相手はあくまで人間

面接官は人間です。ロボットではありません。
なので会話をしましょう。

これはどこの会社の面接を受けても同じですけどね。

でも本当にいるんですよね。

「〇〇大学からきました、△△と申します!私はスロットが大好きで、遊技者に感動を与えたいと思いこの業界を志望しました!将来××のような大ヒット作を作るために、開発に精進して参りたいと考えております!」

こんな感じに話す人。
でもこんな人と一緒に仕事したいですか?

私は嫌ですね。面白くなさそうですから。
それなら、

「○○大学の△△です。僕は学生時代どっぷりパチンコにはまってしまって、もうこれ以外ないんですよね(笑) でもパチンコってこんなにも面白いのに、この面白さを知らないってもったいなくないですか?僕は色んな人にこの面白さを知ってほしくて、それならもう自分で作ろうと思ってここに来ました。」

こういう人間の方が、「あっ、ちょっと一緒にパチンコ作りたいな」ってなんか思えませんか?(笑)

ちなみに私は一人称も全部「僕」でした。こういうのも何でもいいんです。

実際の面接での質問

私も実際に聞かれた、どこのメーカーでもよくされる質問の回答例を2つ伝授します。

1.好きな台はなんですか?

これはほぼ聞かれます(笑)

でもどの台を答えようか迷いますね。
「絆って答えたらミーハーすぎないか…」
「ハナビとか答えると狙ってると思われるんじゃないか…」
とか考えてしまうかもしれません。

ただこれは、自分が本当に好きな台を答えればいいと思います。
その上で、思っていることをそのまま素直に伝えられればいいと思います。

相手はあくまで人間です。
仲のいい先輩くらいに思って話しましょう。

私なりの返答例も記載します。

▼バジリスク絆
「1番好きなのは、バジリスク絆です。普通すぎてすみません(笑)
昔はあんまり好きじゃなかったんですが、一周回って今大好きなんですよね。特にどこがって言われると難しいんですが、モードを推測したり、設定を推測したりして想像しながら打つのが楽しいですね。
AT中も何故かやれる感があるんですよね。実際単発ばっかりなんですけど(笑) 高確中にBCを引けるバランスが絶妙なんじゃないかな~って思います。縁高確中の巻物とか、何回引いてもやってやった感があるんですよね。」

⇒本当に好きでよく打ってるんだなって感じが伝わってきて交換が持てるんじゃないかなと思います。

▼ハナビ
「いっぱいあって1つ答えるのは難しいんですが、ハナビは何回打っても飽きがこないですね。
いつも、これだけ長く打っても初めて見るリーチ目とかありますし。リーチ目を自分で作りにいく楽しさ好きな理由の一つです。全然玄人ぶってるわけではないんですが、正直周りから見ると僕はいわゆるハナビキッズだと思います(笑)
でもハナビってなんかこれぞスロットって感じがして、すごく好きなんですよね。ゲチェナとかノリオとか、有名すぎますけど何回見てもいいな~って思います。」

⇒イキってハナビと言ってるわけじゃなくて、本気で好きなんだなという感じが伝わるんじゃないかと思います。

2.将来どうなりたいですか

聞かれ方は若干異なりますが、これも結構聞かれると思います。

例えば、「将来どのような開発者になりたいですか?」などです。

これも私なりの回答例を記載します。

▼将来どのような開発者になりたいですか?
「遊技者の気持ちを忘れていないような開発者になりたいです。開発をしていく中で、システムに妥協を考えることもあると思います。ただ、自分が作った台が世の中に出た時に、自分が本当に打ちたいと思えるような台は作っていたい思います。どんな事情があれ、面白い台を作る気持ちを忘れていない開発者にはなりたいです。」

⇒スロットが好きということが伝わり、取り繕った感じもなく良い印象を受けやすいと思います。

学歴は関係あるのか

学歴はほぼ関係ないです。

学歴が低いからといって、門前払いみたいなことは少ないです。

ただ、学歴が高いことはアドバンテージにはなります。

(メーカーによっては学歴を重視するところも多少あるかもしれません。)

実際どれくらい受かるのか

実際開発者は狭き門だと思います。

なぜなら募集者に対して合格枠が少ないんですよね。
業界として見るとメーカー数も少ないですし。

でも合格することは難しくないと思います。
きつめに言いますが、こういう業界だからかまじで面接舐めてるやつとかもきます。

少なくとも上で書いたことを実践すれば、余裕で最終面接くらいまではいけます。

まとめ

上手くお伝え出来なかったところもあると思いますが、「とにかく好きだというアピールをする」ということと、「面接はパチンコパチスロ好きの先輩と会話するくらいの気持ち」ということを覚えておけば大丈夫です。

ここまで読んだあなたは本気でメーカーに受かりたいんでしょう。
その気持ちさえあれば、あとはそれを素直に伝えるだけです。

質問がある方はコメント欄、お問い合わせツイッターからご質問ください。

▼ブログ村入口▼

応援クリックありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする