今後出てくる5.9号機を絶対に打ってはいけない決定的な理由

にほんブログ村 スロットブログへ
打ってはいけないと私で言ったところで、元々打とうと思う人は少ないとは思いますけど(笑)

5.9号機は勝てない印象があるとは思いますが、今後出てくる5.9号機のみに関して、もう少し掘り下げて見てみましょう。

打ってはいけない理由

結論から言います。

それは、機械割が著しく低い可能性があるからです。

ではなぜそんな可能性があるのでしょうか。

なぜ低くなるのか

それも簡単です。

1月31日締め切りの5.9号機検定に通らないと、6号機になってしまうからです。

6号機になってしまうと、映像を使い回すといっても大きな製作コストがかかります。
また、5.9号機で使ったコストも無駄になります。(億単位です。)

ざっくりですが、単純にスペックが高い(=機械割が高い)と検定を通る確率は低くなります。

つまり検定を通すためには、機械割を低くせざるを得ないんです。

機械割の予想

今後出てくる台は軒並み設定6でも、公表110%が限界だと思います。

ゴッドイーター2のような感じになると思います。

ただ、ゴッドイーター2もあれはあれでかなりやばい台でした(笑)

私の予想ですが、実際の機械割は96%~106%が限界だと思います。

公表じゃないです、市場での数値予想です。

頭の片隅に置いておいてく下さい。

完成度

それに加えて、そもそも5.9号機はほぼどの台も滑り込みで作ったと思われるので、台の完成度も低い可能性が高いです。

スペックも低い・完成度も低い、本当にこうだったら誰も打たないと思いますが、実際どうなるか今後出て来る台に注目しましょう。

逆に5.9号機ART機の完成形と思える台については、こちらで解説しています。

以上、「今後出てくる5.9号機を絶対に打ってはいけない決定的な理由」でした。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする