6号機規制緩和|天井・ゾーン、ハイエナ時代は再来するか

にほんブログ村 スロットブログへ

前回に引き続いて6号機規制緩和についてです。

天井・ゾーンが復活した場合、再びハイエナ時代は再来するでしょうか。

そちらについて考えてみたいと思います。

天井・ゾーン

天井の復活について

天井ですが、天井には”ただ当たるタイプ””恩恵を与えるタイプ”がありますね。

6号機の天井では”ただ当たるタイプ”のみ復活になると思います。

まあこれも結構曖昧なところだと思いますが、多分大丈夫なんじゃないですかね。

ただ恩恵があるタイプは厳しいでしょうね。(凱旋のような)
常に一定の値で抽選されることに反するとかでアウトでしょう。

もしかしたら剛衛門のような、ハマるほど結果として初当たり期待値が高い台は出てくるかもしれません。(作る人の腕次第ですね。)

天井狙いは食えるのか

これは、無理ではないが厳しいと思います。

天井狙いの期待値に明るい方は分かると思いますが、天井狙いの期待値は荒い台(初当たりが重い)の方が高くなります。
その上、天井恩恵があればさらに期待値は上がります。

今後出てくる台は新試験の影響で、荒い台を作ることは厳しくなると思われます。

つまり、”天井恩恵もなく・初当たりも重くない”台が多くなるのでしょう。

その点から、天井狙いで食えるには至らないのではないかと予想します。

ゾーンの復活について

ゾーンにも、”規定ゲーム数””蓄積ポイント”などのゾーン狙いがあります。

これは私は、両方とも復活するのではないかと思います。

理由は、AT機は有利区間の概念がなくなるからです。

なので常に有利区間に滞在させれば、規定ゲーム数や蓄積ポイントのゲーム性が構築出来るでしょう。(1500G打ち切りはあります。)

ゾーン狙いは食えるのか

これは、今まで通り食えると思います。

といいますか、本当に今までのハイエナと変わらないんじゃないですかね?

周期狙い出来る台とかも出てくると思うので、絶えずアンテナは張っておくべきですね。

ハイエナ時代は再来するか

上で述べたように、天井・ゾーンともに復活するでしょう。

ただ言っても初当たりが軽く期待値が安い台が多くなると思います。

やはりハイエナで食おうと思ったら、高い天井期待値がある台を打つことが必要不可欠になってきます。

まあ兼業であったり、設定狙いの比重が高い方は大丈夫だと思います。

ただ今ハイエナ一本の方は、ハイエナが復活したところで厳しくなることに変わりはないと思いますので、立ち回りの幅は必ず広げましょう。

GOD系のような天井狙いが出来なくなるのは寂しいですけどね。
私もそんな台がまた出てくることを期待しています。

以上、「6号機規制緩和|天井・ゾーン、ハイエナ時代は再来するか」でした。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする